研究室TOP講座2017理論談話会2017

概要

都市生活学・ネットワーク行動学研究グループでは,夏学期に理論談話会を行っています.輪講形式で各1時間ずつの発表を行い,広く研究室外の方とも議論して理解を深めていきます.

場所:工学部1号館347号室

日程


発表者担当論文
4月15日(土) 9:00-9:45植田 空間経済学―都市・地域・国際貿易の新しい分析(第1編 背景となる関連研究)
9:50-10:50井澤 同上(第2編 労働移動と地域の発展)
11:00-12:00山本 同上(第3編 都市システム)

発表

実施済みの回について,発表概要と資料・議事録をまとめています.

#1-1

空間経済学―第1編 背景となる関連研究

空間経済学の礎となっている古典的なモデルを紹介した.都市経済学からはチューネンの土地配分とその応用であるアロンゾの単一中心モデル,マーシャルの外部経済理論,ヘンダーソンの都市システム理論,副都心モデルなど.また地域経済学からはクリスタラーとレッシュの中心地理論,基盤乗数理論でのプレッドの動学的考察,ハリスの市場ポテンシャルに関する考察.これらの理論は集積力の考慮や空間的次元を欠き,分散と集積の力関係が不明確であるなど問題は残っているが,いずれも空間経済学の背景を形作ってきたものである.

(藤田昌久,P.クルーグマン,A.J.ベナブルズ(2000)「空間経済学―都市・地域・国際貿易の新しい分析」,小出博之訳,東洋経済新報社,pp.17-46.)

発表資料
議事録

#1-2

空間経済学―第2編 労働移動と地域の発展

単一中心理論などの基礎経済理論を下敷きに,空間経済の基本アプローチであるDixit-Stigrirzモデルから複数立地モデルの生産者利潤拡大による複数立地モデルへの拡張の定式化を確認したうえで,経済地理モデルのCore-Periphery構造の解特性を通じ,単一中心システムから階層システムの自己組織化への発展,単一中心構造の均衡条件について,市場ポテンシャル関数とブラックホールの非存在条件から都市の離脱や空間的発展パターンについて考察する.

(藤田昌久,P.クルーグマン,A.J.ベナブルズ(2000)「空間経済学―都市・地域・国際貿易の新しい分析」,小出博之訳,東洋経済新報社,pp.47-118.)

発表資料
議事録

#1-3

空間経済学―第3編 都市システム

第3編の「都市システム」では,現実に見られるような複数の都市が階層性を持って分布する複雑なシステムを,第2編で導入を進めてきた経済モデルで記述することを試みている.まずフォン・チューネン型の単一中心構造を分析の出発点として,単一中心構造の持続可能条件について論じ,さらに単一中心構造が持続可能でなくなった後に新都市がどのように出現していくのかについて,直線状の経済を仮定して数値シミュレーションによって明らかにした.また,クリスタラーやレッシュが提唱しているような都市間の階層構造の生成についても,産業別にパラメータを設定することによって十分に再現し,著者の提唱している空間経済モデルの現実への適合性の高さを証明している.

(藤田昌久,P.クルーグマン,A.J.ベナブルズ(2000)「空間経済学―都市・地域・国際貿易の新しい分析」,小出博之訳,東洋経済新報社,pp.119-238.)

発表資料
議事録