羽藤英二とは

羽藤英二について

  • メモ
  • 8/1に 第三回プローブパーソン研究会を開催しました.プローブパーソンをWeb2.0的アレな世界から どう解釈すべきかについて雑文を書きました(プローブとは何か?).

    関心のある研究分野(2007年のB4向け研究室紹介
    1.ネットワーク行動学
    • 様々な行動文脈に対するインセンティブが都心の回遊行動などの ネットワーク上の行動と心理の動学的諸相にどのような影響を与えるのか, ネットワークとインセンティブをどのようにデザインすべきかについて 解析的なアプローチで取り組んでいます. 沖縄の離島群における観光行動,渋谷などを対象とする空間認知と回遊 メカニズムの関係を研究しています.
    • コミュニケーションを規定するSN(ソーシャルネットワーク)で発生する多数派同調バイアスや 正常性バイアスといった心理的バイアスが災害時にもたらすカタストロフィについて特に 興味を持っています.今は個人と家族の多様な生活シナリオの確率的推移に着目したリスク評価と, リスクコミュニケーションツールの開発を行うことを考えています.

      1.1)BinN(Behaviors in Networks研究会(1st/ 2nd/3rd/4th)
      1.2)時空間インセンティブの社会実験(街歩きポイント/ エコネット)
    2. 都市生活学 3. パターンランゲージを用いた街道風景の分節構造の理解と,未来の都市社会の風景
    • 足摺桜や鎮守の森,蛍の畦道といった地域に固有の風景資源と,旧街道の分節構造や集落 の構成との関係性に強い関心を持っています.「倒木,見上げると山椿」といった 遍路に代表される身体性を伴う行為とその中で生じる風景の継起構造を, パターン・ランゲージとして読みこみながら,風景づくりを行っています.
    • コミュニケーションテクノロジーの進化が齎す人々の本源的移動欲求のインフレーションと 都市風景進化論に関心を持っています.

      3.1) 風景遍路街道に関する雑記四国風景づくりの会 ,風景づくり夏の学校(1st/2nd)
      3.2)情報の章


    趣味とか

    1. リス釣り(Cambridgeに住んでた頃やっていた,殻付ピーナッツで釣る,オークの木が少ないのでMITで釣るほうが難しいです.)
    2. 自転車(沖縄の島とかまで輪行してよく漕いでいます,ついでに泳いだり,走ったりもします.)
    3. サーフィン

    日々の生活
    1. メモ(最近の)
    2. メモ(昔の)
    参考文献(大学院に進学される方は以下の文献/ソースコードを読みこなしてください)
    1. Biogeme
    2. UrbanTransportation
    3. MITSIM
    4. 離散選択モデル(Closed Formじゃないもの)  
    職歴とか
    1. 1992-1998 日産自動車株式会社,総合研究所の平社員
    2. 1998-2006 愛媛大学,助手/助教授
    3. 1999 MIT, Visiting Scientist
    4. 2000(-2003) University of Leeds, Visiting Research Fellow(兼任)
    5. 2005 University of California サンタバーバラ校, Visiting Professor
    6. 2006(-2007) Nepal工科大, Visiting Professor(兼任)
    7. 2006- 東京大学,助教授
    受賞とか
    1. 1994 交通工学研究会 研究奨励賞
    2. 1999 交通工学研究会 研究奨励賞
    3. 2000 土木学会 論文奨励賞
    4. 2001 世界交通学会 WCTR Bursary Prize
    5. 2002 交通工学研究会 交通工学論文賞
    6. 2004 愛媛大学工学部 最優秀講義賞
    7. 2005 交通工学研究会 交通工学技術賞
    8. 2007 道路会議 優秀論文賞
    9. 2007 交通工学研究会 研究奨励賞
    学位論文
      情報獲得プロセスを考慮した交通情報提供システムの評価手法に関する研究,京都大学 学位論文,1999.03.

    著書

    1. 渋滞緩和の知恵袋 成功するP&R失敗するP&R マーケティングの視点から考える,丸善,分担執筆 第3章/第4章執筆,2002.02.
    2. 渋滞緩和の知恵袋 TDMベストプラクティス集,丸善,分担執筆 第3章,第4章執筆,1999.02.
    3. やさしい交通シミュレーション,丸善,分担執筆 第1章,第7章執筆,2000.06
    特許
    1. 発明の名称:データ処理装置およびデータ処理プログラムを記録した記録媒体,特許番号3276945, 2002.2.8.
    研究費
      文部科学省科学研究費
    1. 代表:基盤研究(A)(1),day-to-dayの動的な交通行動調査・解析システムの開発- 移動体通信システムによる大規模な位置特定データベースを基本にして-,2003-2007.
    2. 代表:基盤企画(C)(1), 国際研究セミナー Behaviors in Networkの企画調査, 2002.
    3. 代表:若手研究(B), 空間認知プロセスを考慮した時空間ネットワーク上の経路選択行動均衡分析, 2001-2002
    4. 代表:若手研究(B), なんとか, 1998
    5. 分担:国際共同研究(B)(1), ネットワーク構成に着目した高度交通情報システムの効果測定に関する国際比較研究, 2002-2004
    6. 分担:基盤研究(B)(2), 移動体通信を利用した高精度の交通行動調査システム, 2000.

      その他の最近の研究費

    7. 代表:交通工学自主研究委員会, プローブパーソンデータに関する研究,2003-2004.
    8. 代表:四国建設弘済会 建設事業に関する技術開発・調査研究,移動体通信を用いた道路ネットワーク上の交通動態解析シミュレーションシステムの開発,2002.
    審査付論文
    1. Asakura, Y., Hato, E., Yamauchi, T. and Kashiwadani, M. A route choice model considering topological aspects of a road network, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.4, No.3., pp.55-68, 2001.
    2. Asakura, Y. and Hato, E. Analysis of Travel Behaviour Using Positioning Function of Mobile Communication Devices, Travel Behaviour Research; The Leading Edge, Ed. Hensher, pp.885-900, Pergamon, 2001.
    3. Hato, E. and Asakura, Y. Mobile communication systems and travel survey, WCTR, 16pages, in CD ROM, 2001.
    4. Hato, E. and Asakura, Y. Information Reference Model Considering Uncertainty in Decision Making of Travel Behavior, WCTR, 18pages, in CD ROM, 2001.
    5. Hato, E. and Asakura, Y. An expected oppotunity loss in information acquisition process, TRISTAN4, Vol.3, pp.737-742, 2001.
    6. Asakura, Y. and Hato, E. A route recognition model for transport network reliability analysis, Reliability of Transport Networks, Ed. Bell, M. G. H. and Cassir, C., pp.203-216, Research Study Press, 2001.
    7. Bately, R., Fokwes, T., Watling, D., Herald, G., Daily, A. and Hato, E. Route Choice Model for Network Analysis, UTSG Conference, in printing, 2001.
    8. Hato, E. and Asakura, Y. New approach for collection activity diary using mobile communication systems. Transportation Research Board in Washington DC, in printing. 2001.
    9. 羽藤英二,朝倉康夫,平井千智. 不確実性下の意思決定を考慮した逐次的情報参照モデル. 土木学会論文集,No.660 /IV-49, pp.27-37. 2000.
    10. 朝倉康夫,羽藤英二. 交通ネットワーク上の経路選択行動:観測と理論. 土木学会論文集,No. 660/IV-49, pp.3-13. 2000.
    11. Asakura, Y., Hato, E. and Kashiwadani, M. OD Matrices Estimation Model Using AVI Data and its Application to the Han-Shin Expressway Network, Tansportation, Vol.27, No.4, pp.419-438. 2000.
    12. 羽藤英二,朝倉康夫,柏谷増男. 複数情報リソース下における行動的不均衡を考慮した経路変更モデル. 土木学会論文集,No.653/W-48,pp.51-61. 2000.
    13. 朝倉康夫,羽藤英二,大藤武彦,田名部淳. PHSによる位置情報を用いた交通行動調査手法. 土木学会論文集, No.653 /IV-48, pp.95-104. 2000.
    14. 羽藤英二,朝倉康夫. 時空間アクティビティデータ収集のための移動体通信システムの有効性に関する基礎的研究. 交通工学, Vol.35, No.4, pp.19-28. 2000.
    15. Hato, E. and Asakura, Y. Incorporating Bounded Rationality Concept into Route Choice Model for Transport Network Analysis. European Transport Conference 2000 in Cambridge, Behavioural Modelling, Vol.441, pp.1-12. 2000.
    16. Asakura, Y., Hato E. and Kashiwadani, M. Monitoring Traveller's Route Choice Behaviour Using Mobile Phone System. Proc. 8th EWGT in Rome, pp.483-486. 2000
    17. Hato, E. and Asakura, Y. Dynamic Route Switching Model under Multiple Traffic Information Sources. Proceedings of 9th IATBR in Gold Coast, Vol.14, 19 pages. 2000.
    18. Asakura, Y. and Hato, E. Analysis of Travel Behaviour using Positioning Function of Mobile Communication Devices. Proceedings of 9th IATBR in Gold Coast, Vol.7, 16pages.. 2000.
    19. Asakura, Y. and Hato, E. Precise Monitoring of Individual Travel Behaviour in Space/Time Dimensions: A Survey Programme Using Mobile Communication System. Paper presented at an International Symposium on Structural Change in Transportation and Communication in Knowledge Society in Boston. 1999.
    20. Hato, E., Taniguchi, M., Sugie Y., Kuwahara M. and Morita, H. Incorporating an information acquisition process into the route choice model under multiple traffic information sources. Transportation Research C, Vo.7(2/3), pp.109-130. 1999.
    21. Okamoto, A., Tanabe, J., Hato, E. and Yoshida, S. A study on traffic data collection using the vehicle velocity measurment system. The 6th Intelligent Transportation Systems World Congress CD/ROM. 1999.
    22. Asakura, Y., Hato, E., Nishibe, Y., Daito, T. Tanabe, J. and Koshima, H. Monitoring Travel Behaviour using PHS based Location Positioning Service System. Proceedings of the 6th ITS Conference in Tronto, CDROM. 1999.
    23. 羽藤英二,朝倉康夫,中塚俊郎,平井千智. 経路選択行動実行動データに基づいた選択肢選別と情報獲得過程に関する基礎的研究,第19回交通工学研究発表会論文集, pp.129-132. 1999.
    24. Asakura, Y., Hato, E. and Kashiwadani M. Effective Spatial Location Patterns of PGI Message Board in Street Network. Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.3, No.5, pp.83-98. 1999.
    25. Hato, E., Asakura, Y., Kashiwadani, M. and Katsuki S.The Simulation Study of Traffic Information Strategies using the Computer for Data Collection on Drivers' Response to ATIS. H. Urban Transport and the Environment for 21st Century, pp.131-142. 1999.
    26. Asakura, Y. and Hato, E. Route Choice Model for Transport Network Reliability Analysis. Paper presented at Transport Network Reliability Workshop in Newcastle upon Tyne. 1999.
    27. Asakura, Y. Kashiwadani, M. and Hato, E. Flow Model and Performability of a Road Network under Degraded Conditions. Proceedings of the 14th International Symposium on Transport and Traffic Theory in Jerusalem, pp.257-281. 1999.
    28. Hato, E., Asakura, Y. and Katsuki S. An analysis of drivers' route choice and information acquisition behavior based on stated preference data collected through an intranet survey. Paper presented at The 8th World Conference for Transportation Research in Antwerp.1999.
    29. 羽藤英二,谷口正明,杉恵頼寧,桑原雅夫,森田綽之. 複数交通情報利用リソースの利用行動を考慮した経路選択モデル.土木学会論文集,No.597/W-40,pp.99-111. 1998
    30. 大口敬, 羽藤英二, 谷口正明, 吉井稔雄, 桑原雅夫, 森田綽之;首都高速道路における経路選択行動に関する実態調査", 土木学会論文集, No.590/4-39, pp.87-95, 1998.
    31. 羽藤英二,香月伸一,杉恵頼寧. Intranet SurveyによるSPデータを用いた交通情報獲得・経路選択行動分析. 土木計画学研究論文集,No.15, pp.451-454. 1998.
    32. 羽藤英二,香月伸一,朝倉康夫. 経路選択行動データ収集のための調査手法に関する一考察. 第18回交通工学研究発表会論文集,pp.1-4,1998.
    33. 朝倉康夫,羽藤英二,宗貞孝太郎,眞浦靖久. 実道路網上でのドライバーの経路選択・変更行動に関する実証分析, 第18回交通工学研究発表会論文集,pp.9-12. 1998.
    34. Hato, E., Katsuki, S., Taniguchi, M. An analysis of drivers' route choice and information acquisition behavior based on stated preference data collected through an intranet survey, The 4th Intelligent Transportation Systems World Congress CD/ROM, 8 pages, 1997.
    35. Katsuki, S., Hato, E. and Iwasaki, M. A study on evaluation of electronic toll collection system operation using system dynamics models, The 4th Intelligent Transportation Systems World Congress CD/ROM, 8 pages, 1997.
    36. 吉川康雄,森田育宏,香月伸一,羽藤英二,貴志泰久;市街地交通予測のためのミクロ交通流シミュレータの構築(TRAF-NETSIMの国内交通への適用性の検討および路上駐車車両影響モデルの開発),日本機械学会論文集B編,Vol.63,No.610,pp.368〜374,1997.
    37. Hato, E. Masaaki TANIGUCHI, Sugie, Y. Influence of traffic information on drivers' rote choice, The 7th World Conference for Transportation Research Selected Proceedings, pp. 27〜40, 1996.
    38. 谷口正明,香月伸一,羽藤英二;高速道路自動料金収受システムの省エネルギー効果,第16回交通工学研究発表会論文集,pp.25〜28, 1996.
    39. Hato, E., Taniguchi, M., Sugie, Y., Katsuki, S., Morita, I. Simulation system for predicting influences of driver reaction to real-time information on network performance, The 2nd Intelligent Transportation Systems World Congress Proceedings, pp. 1865〜1870, 1995.
    40. 羽藤英二,香月伸一,森田育宏,杉恵頼寧;交通情報提供下における信号制御評価に着目したミクロシミュレーション,第15回交通工学研究発表会論文集,pp.77〜80, 1995.
    41. Katsuki, S. Hato, E. and Kishi, Y. A study on traffic signal control based on up-linked OD information, The 2nd Intelligent Transportation Systems World Congress Proceedings, pp. 1〜6, 1995.
    42. 羽藤英二,谷口正明,杉恵頼寧;経路選択時の交通情報に対するドライバーの反応,交通工学,No.1,Vol.30,pp.23〜32,1995.
    43. Hato, E. & Taniguvhi, M. A study on efficiency of the driver information system in the Tokyo metropolitan area, 1994 Vehicle Navigation & Information Systems Conference Proceedings, pp.401〜404 , 1994.
    44. Katsuki, S. Hato, E. A study of drivers' behavior and traffic management, 1994 Vehicle Navigation & Information Systems Conference Proceedings, pp.255〜258 , 1994.
    45. 谷口正明,羽藤英二;交通情報提供システムの有効性-情報に対するドライバーの反応-,機械学会第2回交通・物流部門大会講演論文集,pp.358〜363,1993.
    46. 杉恵頼寧,羽藤英二,藤原章正;パネルデータを用いた選好意識のダイナミック分析,土木計画学研究・論文集,No.10,PP.31〜38,1992.
    総説・記事
    1. 羽藤英二;欧州交通会議2000,交通工学, Vol.36,pp.92-93,No.1,2001.
    2. 羽藤英二;MITSIMでリスと遊ぶ,交通工学, Vol.35,pp.69-74,No.6,2000.
    3. 羽藤英二,吉井稔雄.ITS 行動モデルとシミュレーションで何ができるか.土木学会論文集,No.653/4-48, pp.1-2, 2000.
    4. 赤羽弘和,羽藤英二;海外におけるシミュレーション適用事例と周辺ソフトウエア,交通工学, Vol.33,pp.69-74,No.1,1999.
    5. 羽藤英二;国際会議報告 第8回世界交通会議, 土木学会論文集, W/No.590/4-41, pp.80-81, 1998.

    講演・発表論文

    1. Hato, E.(2000) GIS-T based on Mobile communication systems, at Transportation Research Laboratory in UK.
    2. Hato, E.(2000) Bounded Rationality and Traffic Network Model, Network Study Seminar at University of Leeds .
    3. Hato, E.(2000) DynaMITP and MITSIM Lab for ITS Evaluation, at MIT ITS Program Seminar.
    4. Hato, E. and Ramming, S.(2000) Drivers route choice model for DynaMITP, at MIT ITS Program Seminar.
    5. Hato, E., Katsuki, S. and Taniguchi, M.(1998) An analysis of drivers' route choice and information acquisition behavior based on stated preference data collected through an intranet survey, The 8th World Conference for Transportation Research presented paper 16 pages.
    6. Hato, E., Taniguchi, M., Sugie, Y., Kuwahara, M. and Morita, H.(1997) An analysis of information acquisition and use behavior for route choice under multiple traffic information sources, IATBR presented paper 20pages.
    7. 羽藤英二,香月伸一,杉恵頼寧;Intranet SurveyによるSPデータを用いた交通情報獲得・経路選択行動分析,土木計画学研究・講演集,No.20(1),pp.403〜406,1997.
    8. 羽藤英二,香月伸一;SDアプローチによるETCS評価シミュレータの開発,土木計画学研究・講演集No.19(2),pp.223〜224,1996.
    9. 羽藤英二,香月伸一,;企業連携型TDMに関するケーススタディ,土木計画学研究・講演集, No.18(1),pp.413〜416,1995.
    10. 吉川康雄,森田育宏,香月伸一,羽藤英二,貴志泰久:渋滞改善のための交通流ミクロシミュレータの開発,日本シミュレーション学会,第14回シミュレーションテクノロジーコンファレンス,pp.189〜192,1995.
    11. 香月伸一,羽藤英二,貴志泰久;交通流シミュレーションによる交通需要マネジメントの評価分析,土木学会第48回年次講演会講演概要集,pp.618〜619,1994.
    12. 羽藤英二,香月伸一,貴志泰久;シミュレーションによる交通制御の最適化とそれに伴う交通流の変化,第14回交通工学研究発表会論文集,pp49〜52,1994.
    13. 羽藤英二,原加代子,笠井純一;交通機関選択にかかわる利用者の評価構造について,土木学会第48回年次講演会講演概要集,pp294〜295,1993.
    14. 羽藤英二,谷口正明,杉恵頼寧;経路選択における交通情報提供の有効性に関する一考察,第13回交通工学研究会発表論文集,pp.93〜96,1993.
    15. 谷口正明,羽藤英二,杉恵頼寧;経路選択における道路交通情報の有効性,土木計画学研究・講演集,No.16(1), pp.89〜pp.94, 1993.
    16. 笠井純一,羽藤英二,原加代子;利用者からみた交通サービス評価に関する研究,土木計画学研究・講演集,No.16(1), pp.237〜pp.242, 1993.
    17. 羽藤英二,杉恵頼寧,藤原章正;選好意識と世帯特性の変化のパネル分析,土木学会第46回年次講演会講演概要集,pp294〜295,1992.
    18. 杉恵頼寧,芦沢哲蔵,羽藤英二;個人の1週間の交通行動の特性,土木計画学研究・講演集,No.13, pp.549〜pp.554, 1990.
    <